脇の黒ずみの原因は?

4 (2)

脇の黒ずみの原因①

無駄毛処理の失敗

1番脇の黒ずみの原因になりやすいのが、
ムダ毛の処理の時です。
これは、脇毛の黒ずみだけにとどまらず、
Vゾーン、Iゾーン、更にいうとOゾーンにも言えることです。
普通は、カミソリを使うと思いますが、毎回繰り返していると、どうしても肌が傷ついてしまい、炎症、色素沈着、黒ずみといった負の連鎖を招いてしまいます。

毛抜きで、抜いた場合には皮膚は傷つかないかというと、今度は毛穴を傷つけてしまい、違ったトラブルが起こったりします。
良く毛抜きで脇毛を抜いたらワキガになったという話を聞いたことは無いでしょうか?
本来であれば、毛を抜いただけでワキガになることは考えられませんが、ワキガの臭いは汗自体の臭いではなく、細菌の繁殖によって起こるので、
皮膚の傷ついたところに菌が繁殖しやすくなったと考えられます。

ムダ毛処理は、脇の黒ずみだけでなく、脇の臭いにも影響を与えるので重要です。
脱毛サロンに行くのが本当はいいのですけれども、なかなか値段が高いのと、
面倒くさいので躊躇してしまいます。

最近は家庭用脱毛器も安くなってきたので、おすすめです。
⇒おすすめ家庭用脱毛器比較

脇の黒ずみの原因②

皮膚の摩擦、乾燥

本来、毛の生えている部分、脇、VIOラインは体の中でも体毛で覆われているデリケートな部分です。

毛を剃ったり、脱毛を行った場合には、衣服との摩擦などによりダメージを受けやすい部分であるといえます。
皮膚がダメージを受けると、肌が乾燥しやすくなり、毛穴の詰まりなども起こりやすくなります。

摩擦などにより、皮膚がダメージを受けた場合には、皮膚の防衛機能が働きメラニンを発生させ、
黒ずみを作ってしまいます。

また、毛穴が詰まってしまった場合には、皮脂が詰まった部分で酸化を起こし、黒ずみの原因となります。
肌のダメージを防ぐには、保湿が1番です。

現在、既に黒ずみが出来てしまっている場合はもちろん、まだ黒ずみが出来ていまない場合にも
保湿ケアをしっかりすることによって、黒ずみの改善、予防が期待できます!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA